住宅設計で丈夫な住まいを建設~快適住宅の秘訣~

外壁塗装

ネットで業者を探す

60歳以上の人が多い

外壁塗装を業者に依頼する人の年齢を見てみると、60歳以上が約半数を占めています。50歳だと2割にも届きません。外壁塗装はそれなりに規模が大きいので、60歳を過ぎて定年になってから依頼する人が多くなる傾向にあります。また、その年代の人の住まいは、リフォームが必要なことが多いです。今後は、今以上に60歳以上の依頼者が増えると見られています。 少し前まで、60歳以上の人が外壁塗装の依頼先を探す時、インターネットを使うことはほとんどありませんでした。しかし、今では60歳以上の人でもインターネットで業者を探すことが多くなっています。これからも、パソコンや携帯電話で業者を探す高齢者の方が増えると予測されています。

外壁塗装を自分でするなら

60歳を過ぎ定年になって時間ができたと言うことで、自分で外壁塗装をする方もいます。最近は、DIY用の塗料が増えてきたこともあって、塗装の経験が無い人でも外壁塗装はできます。しかし、少なからず注意すべきこともあります。 外壁塗装を始める前に、どこから塗っていくかを決めることです。決まった順番はありませんが、上から塗ると言うことが基本になります。また、塗る時は厚く塗ってはいけません。薄くムラができないように均一に塗ることが重要になります。厚く塗るとデコボコになりやすく見た目が良くなくなるばかりか、耐久性も低くなってしまうのです。薄く均一に塗って、乾いてから再び塗るを繰り返すと、きれいに仕上がります。